すぐ弁護士に依頼を

交通事故1

人はどうしても、楽な方向に物事を持っていきたくなります。

それが自分にとって少しだけデメリットとなる場合であっても、楽な道を選んでしまうことがあります。参照元-弁護士法人アディーレ法律事務所 … 交通事故示談

交通事故においても、軽微な事故であれば警察を呼ばずにその場で済ませてしまおうとすることがあるかもしれません。

時と場合がありますから、全ての場合においてそのような正当な手段が取れるという訳ではないかもしれません。

しかし、一度決めてしまったことが覆しにくいのもこの社会の特徴であり、それにはやはり示談の決定があります。

示談を成立させるときは、たいてい示談書を作ります。口約束だと反故にされることもあるので、そうします。そのようにして完成した示談書は、法律上正式な書類として扱われ、証拠となります。ということは、簡単には覆せないということです。

それを両者が認めているのであれば、通常は双方の合意のもとその示談書を破棄しなければなりません。片方の勝手な判断で破棄にすることは基本的にできないのです。こういった面でトラブルが発生した時には、やはり弁護士に相談することがより良い方法である、と言えます。

それには、示談書の作成、それに賠償金請求なども含まれています。